“# 目次

(1)SEOの基本サイト構造

(2)サイトをクローラーに発見させる

(3)ページの見え方を確認する

(4)重複コンテンツの排除

(5)魅力的で役立つコンテンツを作る

(6)タイトルリンクとスニペットを最適化する

(7)画像と動画を最適化する

(8)ウェブサイトを宣伝する

(9)SEOでは気にしなくていいこと

(1)SEOの基本サイト構造

(1)ユーザーにも検索エンジンにも分かりやすい論理的な構造

ウェブサイトを構築する際は、ユーザーにとってわかりやすく、検索エンジンがページ間の関係を把握しやすい論理的な構造にすることが重要です。大規模なサイトの場合は特にそうですね。サイトが整理されていなくても検索エンジンはそのままでも処理してくれますが、長期的には整理されたほうが良いでしょう。

(2)わかりやすいURL

URL の部分には、パンくずリストとして表示される言葉を含めると、ユーザーにとっても検索結果を判断しやすくなります。ランダムな数字やアルファベットではなく、ページの内容を反映したわかりやすい単語を使いましょう。

(2)サイトをクローラーに発見させる

(1)リンクを活用してクロールを促進する

検索エンジンは、新しいページの多くをリンクを頼りに発見しています。自分のサイトを宣伝して他のサイトからリンクしてもらうのも良いですし、サイトマップを送信するのも効果的です。

(2)クロール対象を制限する

必要がなければ、一部のページを検索エンジンからブロックすることもできます。例えば、プライベートな情報を含むページなどは、検索結果に表示されないようにすることが大切です。

(3)ページの見え方を確認する

(1)検索エンジンがページを理解できるようにする

検索エンジンがページを正しく解釈できるよう、CSSやJavaScriptなどの重要な構成要素をきちんと利用してください。ユーザーが見ているページと同じように、検索エンジンからもページにアクセスできる必要があります。

(2)地域によってコンテンツが変わる場合は注意が必要

特定の地域のユーザーにコンテンツを表示している場合は、検索エンジンのクロールが行われる場所(通常は米国)の表示内容で問題ないかを確認しましょう。

(4)重複コンテンツの排除

(1)同じコンテンツが複数のURLで表示されるのは避けましょう

同じ内容のページが複数ある場合は、ユーザー体験が損なわれる可能性があります。できれば、正規のURLに統一するか、正規化するためのリダイレクトを設定しましょう。

(2)Google検索にはさほど気をつける必要がない

特に大きな問題にはならないので、自分で手動で正規化しなくても大丈夫です。検索エンジンが自動で適切な正規URLを判断してくれます。

(5)魅力的で役立つコンテンツを作る

(1)読みやすく、独自性があり、最新の情報でなければならない

文章を丁寧に練り上げ、誤字脱字がなく、他のコピーではなく独自のものを書きましょう。また、内容が古くなっていないかも確認が必要です。

(2)ユーザーの検索行動を予測する

ユーザーがどのようなキーワードで検索するかを考えましょう。経験者と初心者では検索ワードが異なるかもしれません。様々なシナリオを想定して最適なコンテンツを作りましょう。

(3)広告は控えめにする

広告は必要ありますが、ユーザーの体験を損なったり集中力を散漫にさせたりしないように気をつけましょう。インタースティシャルページなどは避けるのが賢明です。

(6)タイトルリンクとスニペットを最適化する

(1)わかりやすいタイトルを設定する

検索結果のタイトルリンクは、ユーザーが clicked先のページの内容を判断する上で重要な情報源です。ページの内容を簡潔かつ正確に反映したタイトルを設定しましょう。

(2)適切なメタディスクリプションを記述する

検索結果のスニペットにも、ページの内容を的確に説明するメタディスクリプションを設定すると良いでしょう。簡潔で具体的な記述が重要です。

(7)画像と動画を最適化する

(1)関連コンテンツの近くに高画質の画像を設置する

画像の質が高ければ、ユーザーが探しているものに近いかどうかを判断しやすくなります。画像には適切な代替テキストも設定しましょう。

(2)動画にも同様の最適化を

動画にも、良質なタイトルや説明文を用意するなどして、検索エンジンにも分かりやすくしましょう。

(8)ウェブサイトを宣伝する

(1)さまざまな手段でサイトを知ってもらう

ソーシャルメディアでのプロモーション、ニュースレターの配信、オフラインでのアピールなど、多角的な宣伝活動がお勧めです。ただし、過度な宣伝は逆効果になる可能性もあるので注意が必要です。

(9)SEOでは気にしなくていいこと

(1)メタキーワードは使われていない

メタキーワードタグは、もはやGoogle検索では考慮されていません。

(2)キーワードの乱用は避けましょう

同じキーワードを無意味に繰り返すのはNG。ユーザーの体験を損なう可能性があります。

(3)ドメイン名やURLのキーワードは重要ではない

ドメイン名やURLパスに特定のキーワードを含むことで、検索順位が上がるわけではありません。

これで、SEOの基本的な考え方と重要なポイントについての解説は以上となります。”